--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.08

大貫卓也さん特別講義

今日大学で大貫卓也さんの特別講義を聴講しました。
デザインや広告に関わる方で、大貫さんの名前を知らない方はいないと思いますが、一応プロフィールを。

1958年東京生まれ。1980年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒、博報堂入社、第三制作室勤務。1993年博報堂退社、大貫デザイン設立。主な仕事に、としまえん、日清食品「カップヌードル」、西武百貨店、ラフォーレ原宿、新潮社「新潮文庫」、サントリー「ペプシコーラ」「CCレモン」ほか、CI(Jリーグ、toto、2005年日本国際博覧会ほか)など。ADC賞(1981、1986)、ADC最高賞(1987)、ADC会員賞(1989、1991、1993~2002)、ADC会員最高賞(1990、1992)、カンヌ国際広告映画祭グランプリ(1992)、同金賞(1993、1995)、NY ADC金賞(1992)、同銀賞(1992、1993)、毎日広告デザイン賞最高賞、読売広告賞グランプリ、OAC大賞、雑誌広告賞金賞、秀作交通広告展大賞・最優秀賞ほか受賞多数。

http://www.visualogue.com/speakers/onuki_j.htmlより引用)


今回の特講は学生向けの講演ということで、「アートディレクションのツボ」を過去の仕事から現在までの仕事を解説しながら教えてくださいました。

●広告を作るためのハードル
大貫さんが広告を作る上でのポイントを6つ紹介します。

 ①目立つこと
 ②新しいこと
 ③(コミュニケーションが)簡単で速いこと
 ④企業のカラーがあること
 ⑤商品のシズルがあること
  ※シズル…広告表現で、消費者の五官に訴えて購買意欲をそそる手法。
 ⑥商品が動くこと

当たり前に見えるこの6つですが、すべてをバランスよくとりいれるのはなかなか難しいです。しかし、この6つのハードルを越えなければ、広告は上手く機能できない、あるいは効力が半減してしまいます。「目的あっての広告」と大貫さんが言うように、最終目的として商品が動いたり、ブランドイメージ向上などを達成しないと意味が無いわけですから、よりそのイメージにあう表現手法を選んでいきたいものです。


ここからは、大貫さんの最近の大きなディレクションである「資生堂 TSUBAKI」と「SoftBank」を事例に紹介します。

●資生堂 TSUBAKI
TSUBAKI_convert_20081008023721.jpg
いきなりテレビCMで堂々と登場した、資生堂TSUBAKIですが、正直最初から好印象だったのを記憶しています。

「日本の女性は、美しい。」

キャッチコピーでありコンセプトでもありますが、このフレーズがグッと日本の女性を掴んだ感じがします。現に私もシャンプーをLUXからTSUBAKIに変えました。薬局でも一番売りたい商品置く棚がどこもTSUBAKIに変わりましたね。ボトルデザインも美しいです。個人的にダメージケアの白TSUBAKIを使いたいところですが、ボトル欲しさにシャンプーは赤でコンディショナーは白のボトルを買い、以後中身は白TSUBAKIを使っています。

このCMみてるだけで元気になります。頑張ってる・輝いてる有名な女優・モデル・タレントを複数人起用することで一層説得力が高まり、日本の女性を勇気付けます。商品・CMとも素晴らしいと思います。

資生堂TSUBAKI:http://www.shiseido.co.jp/tsubaki/index.htm


●SoftBank
l_os_sbnewlogo_convert_20081008025037.jpg
携帯電話業界に突然現れ、一気に軌道に乗ったSoftBank。最初はすぐに消えてしまうのだろうな…とか思っていましたが、消えるどころか次々と新しいキャンペーンや商品展開をして、強烈なCMで一気に定着しました。

特講でもおっしゃっていましたが、ADC賞受賞式で大貫さんは、「成功の鍵はスタッフが皆、孫正義社長が好きだったことにある。ソフトバンクは孫さんそのものであり、現代の坂本龍馬たる孫さんをCIで表した」とコメントしている。また、ソフトバンクのCIは、坂本龍馬と関わりを持つ海援隊の旗印をモチーフにしている。
※参考:http://homepage3.nifty.com/kaientaidesu/

短期間でこれだけブランドを浸透させるのは到底無理に等しく、やはり大貫さんはすごいと思うばかりでした。

SofrBank:http://mb.softbank.jp/mb/


他にもたくさんためになるお話しをしてくださいましたが、書ききれません。素晴らしい講演ありがとうございました。もっと勉強します。なんかやる気でてきました。


関連情報として紹介しますが、11月1日13時~多摩美で特別講義として、永井一史さんと川口清勝さんのトークショーがあります。芸祭期間なのでたぶん公開特別講義だと思うので、都合が合えばどうぞ。詳細分かったらまたここで書きます。

多摩美術大学:http://www.tamabi.ac.jp/index_j.htm
スポンサーサイト
Posted at 02:07 | DESIGN | COM(0) | TB(0) |
2008.10.06

やっと落ち着いてきたので…

のんびりですが、記事を更新していきたいと思います。

以前3月ごろに再開するようなことを書きながら、なんだかんだこんな時期になってしまいました。すみません。大学に入学してから課題課題バイトバイトとあわただしく時間がすぎてしまいましたが、もうすこしデザインに対する時間をもちたいと思い、またブログを再開します。

タイトルやHNも変わり、また新しくスタートします。

今後はデザインに関する話題や、デザイン系の展覧会レビュー、気になるデザインを紹介(というか記録)するために活用していきたいと思います。そのため過去の記事でジャンルに合わないものは非公開設定にして、かなり減らしました。

ここに記事をかくことで、自分もデザインについて調べたり、研究するきっかけになるといいなぁ思っています。

基本はのんびり更新でいくので、まったりとお付き合いください。
Posted at 03:47 | DIARY | COM(0) | TB(0) |
2008.02.27

久しぶり

久しぶりにブログ書きます。
長らく大学受験で半休止状態だった訳ですが、なぜまた書き始めたかというと…


第一志望のタマグラ合格しました


というわけです。もう飛び跳ねて喜びました。
まさかの現役合格です。良かった良かった
ってか合格発表日の午後、緊張が一気にとれたせいなのか、お腹痛くって大変でした。笑



それで、4月から美大生ということもあって、心機一転、このブログのジャンル変更をしたいと思います。いままでファッション、音楽、日記、美術、デザインetc.なんでもアリなブログだったんですが、これからはデザイン・広告・書体関係の自分なりのレビューを書こうと思います。2004年~2008年まで5年弱続けてきたこのブログですが、過去の記事の一部をたたんで、新たにスタートします。

また、このブログでは公表が遅れましたが、高校の卒業制作展でオリジナルフォントを制作し、発表しました。以下からダウンロードしてご利用いただけます。
Gem
最初は卒業制作展にご来場していただいた方のみにDLのURLを教えるつもりでいたのですが、のちのちこのサイトは自分の作品展示の場として活用するつもりなので、この際に公表しておきます。

今後の予定ですが、とりあえず今は受験でできなかった卒業制作展の作品集の編集に明け暮れています。まるまる一冊本のエディトリアルデザイン+装丁をするのは初めてなので、すごく楽しんでいます。それが終わったら自分の過去作品保管用に自己満足ポートフォリオを作って、その一部をWEBポートフォリオ用に展開して、そのあと卒業制作展で発表した書体「Athtic」のBoldと平仮名・片仮名を制作して、引っ越しの準備をして、4月から大学生です。

このブログについては、この記事を書き終えた後に新ジャンルに関係ない記事を非公開にし、3月下旬にはブログ名・HN等を改訂していきたいと思います。

ですので、いままでご愛読いただいた方にはここで一度お礼申し上げます。

今までありがとうございました。

そして、新ジャンルに変わってからも、どうかよろしくお願いします。
Posted at 16:50 | DIARY | COM(0) | TB(0) |
2007.09.30

学校祭

9/25~30は、高校の学校祭がありました
25日は前夜祭、26日は体育祭、27日は舞台発表と分科会、28日は討論会、29・30日は文化祭、30日の夜が後夜祭でした

■前夜祭
オープニングフラッシュから始まって、バンド演奏、コント、弾き語りなど様々な有志団体が発表します今年特に印象に残ってたのは、平原綾香のJupiterや絢香の三日月、セリーヌ・ディオンのMy Heart Will Go Onを歌った方で、もう鳥肌物でした。本当にすごかった本物とはまた違った味があって、素敵でした。

■体育祭
最後の体育祭。私は騎馬戦と大縄に出場しましたどっちも負けちゃったけど、クラス全員参加のHR対抗綱引きでは、3位にうちのクラスは男子が少なく、女子が多くて不利だから、一応同じタテ(チーム)から5人助っ人を呼べることになってて。それでも圧倒的に不利なんだけど、3位になれたsc03はーと3つなんかすごい嬉しかった

■舞台発表
RIMG0067-2.jpg

今年は3年生なので、舞台発表で文化祭のHR発表を宣伝する時間があるのですが、そこではショート劇みたいな感じで発表しました。ちゃんと3ヶ月くらい前から発声練習もして、本番に挑みましたHR発表宣伝としては1番最後で、しかも恐怖系はそれまでの団体にはなかったので、インパクトも強くて舞台は大成功直前まで揃わなくて心配だったところも、本番ではビッシリ揃ってて良かった

■分科会
分科会は生徒が講師になって生徒に授業みたいなものをするって感じのものです。今年も去年と同じ講座行きました。ジャラジャラ。

■討論会
今年討論会は行きませんでした自分の興味ないテーマになってしまったのと、文化祭で二人展をやるのに、HRの準備に時間をとられて二人展の準備が全然できてなかったのを理由に…。企画してくれた委員会には本当に申し訳ないんだけど…。

■文化祭
待ちに待った文化祭朝からすっごい行列で、大繁盛嬉しい限りです
RIMG0023-2.jpg

外装はこんなんですが、これはちゃんと考えて、このシンプルさになってます。
もともと廊下の壁が白かったのと、何にもないのを利用して、敢えてロゴと12文字のキャッチだけで飾りましたシンプルな方が、お客さんが中身を想像できると思ったからです。これから入るこの部屋は、一体何があるのかと。家移りの主題でもある”創造する恐怖”→”想像する恐怖”という訳です。

RIMG0035-2.jpg

アトラクションは最初不動産屋に入ってビデオを観た後、例の家へ入ってもらいます。写真は居間です。暗闇の中ではかなり怖く、いい雰囲気出してます。

お客さんが全部見終わったあと、出口でネタバレを兼ねたパンフレットが配られますこのパンフも実は私のデザインになります。自分の二人展の印刷物とかと締め切りが重なって、入稿前は毎日1時間くらいしか睡眠時間がとれませんでした

■後夜祭
文化祭の片付けに追われて、最初の30分くらい参加できなかったけど、最後のイベントなので、しっかり楽しみましたアップロードファイルベストオブ文化祭では装飾賞もいただいて、感動でしたはぁとvv最後のトーチもすっごい綺麗だったな…ローズ2

あっという間に終わっちゃったけど、すっごい楽しかった
(なれるか分からないけど)大学生になってもまた遊びに行こうって思ったよribon

最高の6日間でしたsc03は-と
Posted at 23:49 | DIARY | COM(0) | TB(0) |
2007.09.23

学校祭準備



前の記事から少し時間が空いてしまいました汗
タイムトリップして、いくつか印象に残っている出来事の記事は載せようと思います。

さて、テストも終わり、今は学校祭に向けて全力疾走中です
これは自分のクラスのアトラクションのPRポスター。少し学校のデザインの先生に助けてもらいながらも、なんとかカタチになりました。ポスターどおり、やるのはもちろんお化け屋敷です文化祭当日には友達と二人展をやるので、そっちの準備も忙しくて大変だけど、大きなイベントを成功させることは、達成感もあるし、将来なんらかの形で役に立つので楽しいです。最近アートディレクターが気になっているので、尚ディレクションするのが面白いribon

少しここでPR。
オフィシャルサイト:家移り
詳しくはhttp://309.pupu.jp/i/info.html見てくれると分かると思います。

かなり充実してると思うので、近場に住んでいる方とかいたら、是非ご来校下さい。サイトも有料サーバ借りて、かなり気合入っていますはぁとvvうちのクラスの優秀なクリエーターさんが作ってます。本格的ですアップロードファイル

とりあえずあたしはビジュアル全般(ロゴ・ポスター・パンフ)任されてるので、プチアートディレクターになった気分で頑張ってます。当日が待ち遠しいですsc03
Posted at 23:08 | GRAPHIC | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。